今よりもっと快適に!オーダーエントリーシステムおすすめガイド

使いやすくて安価で導入実績が豊富なオーダーエントリーシステムの見つけ方

第一位

ポスキューブ

ポスキューブロゴ

飲食店オーナーが開発に関わった製品。約800店舗に「お店に最適」と採用され、システム導入実績No.1!本部機能ファイヤー機能など機能豊富。

詳細はこちら

第二位

EC-Orange POS

ecorangeposロゴ

iPod touch、iPadのほかにWin8タブレット対応のEC-Orange POS。Orange Handyと組み合わせるとオーダーエントリーシステムとして利用可能。

詳細はこちら

第三位

スマレジ

スマレジロゴ

飲食店に合ったシステムにもなるスマレジ。業種やその店舗に合わせることが出来る料金プランが多彩に揃っています。レンタルプランもあり。

詳細はこちら

安価で導入実績も豊富なオーダーエントリーシステム比較ランキング

当サイトでは店舗のコスト削減や業務改善に効果のあるオーダーエントリーシステムについて、導入事例やおすすめシステムを紹介しています。
加えてトップページでは、その中でも特に費用対効果や実績の面で定評のある5つのシステムをピックアップして、
使いやすさ(対応端末は何か)、導入費用セキュリティ(データはどこで管理するか)、導入実績で比較・ランキングをしてみました。

1位/ポスキューブ

poscubeの画像

 ポスキューブの詳細はこちら 

使いやすさ しかくiOS(iPhone、iPod touch、iPad)、Android対応
システム的にもPOSとオーダーエントリーが一体化されているので、いちいち同期させることなくシームレスな運用が可能。
導入費用 しかく約84万円
レジ1台+ハンディ端末3台+プリンタ2台をセットにしたオールインワン。ハンディ端末はいくつ追加しても加算の課金なし。
評価評価評価評価評価 評価評価評価評価評価
セキュリティ しかくデータはPOSシステムに蓄積
端末の故障や盗難が起きても情報流出の心配なし
導入実績 しかく導入店舗数:約800店舗
飲食店での同種システム導入実績ではトップ。
評価評価評価評価評価 評価評価評価評価
オススメポイント
料理の火入れタイミングを知らせるファイヤー機能、アプリの英語対応、練習可能なトレーニングモード、オプションの本部機能など飲食店などの経営・運営に求められる細やかな機能まで充実。
予約制ショールームでの体感可能。開発には飲食店オーナーも携わり、現場で求められる機能や使い勝手を突き詰めた専用設計になっている。
 

2位/EC-Orange POS

オレンジポスの画像

EC-Orange POSの詳細はこちら

使用しやすさ

しかくiPod touch、iPad、Win8タブレット対応
ウェブアプリのためiPod touch、iPadでもWindowsタブレットでも利用可能。
コールセンターが年中無休の対応で運用をサポート。

導入費用 しかく不明
レンタルプランの場合は初期費用が7万円、購入の場合は要問い合わせ。30日間の無料トライアルあり。
評価評価評価 評価評価評価
セキュリティ しかくデータはクラウドに蓄積
データ閲覧には管理者用のIDとパスワードが必要なシステム。
導入実績 しかく導入店舗数:約3500店舗(導入予定を含める)
モバイルPOS市場占有率で構築金額シェアNo.1。
評価評価評価評価評価 評価評価評価評価評価
オススメポイント
ハンディ端末を使うOrange Handyと組み合わせてオーダーエントリーシステムとして活用できる。
顧客管理も可能な飲食店用予約管理システム、Orange Reserveも別途利用可能。多店舗の情報一元管理が可能
 

3位/スマレジ

スマレジの画像

スマレジの詳細はこちら

使用しやすさ しかくiPod、iPhone、iPod touch対応
レジはiPad、ハンディ端末はiPhoneやiPod touchを使用。外出先からの売上確認も可能。
導入費用 しかくプランによる
無料のスタンダードプランをはじめ5つの料金プランがある。無料アプリでおためし可能。
評価評価評価評価 評価評価評価評価
セキュリティ しかくデータはクラウドサーバで管理
店舗内でトラブルがあってもデータには影響なし。
導入実績 しかく導入店舗数:不明
飲食店特化というよりは百貨店やモール、免税店などの幅広い業種での実績が豊富。
評価評価評価評価 評価評価評価
オススメポイント
スマレジにスマレジ・ウェイターというサービスを連携させることでオーダーエントリーシステムとして活用できる。複数店舗の管理ができる本部機能あり。
 

4位/はんじょうPOSレジ

はんじょうPOSの画像

はんじょうPOSの詳細はこちら

使用しやすさ しかくAndroid対応
飲食店専用で設計されたオーダー画面と、POSレジはタッチパネルなので操作も容易。
初期設定サポートがあり納品後すぐに利用できる。
導入費用 しかく約85万円
基本セットにハンディ端末3台や会計・キッチンプリンタなど8種の機器が含まれる。おためしは要問い合わせ。
評価評価評価評価 評価評価評価評価
セキュリティ しかくクラウドサーバかシステムか不明。要確認
POSレジやハンディ端末の操作内容を記録して、不正がしにくくトラブル要因を特定しやすい機能になっている。
導入実績 しかく導入店舗数:不明
公式サイトに幅広い業態の飲食店導入事例が掲載されている。
評価評価評価評価 評価評価
オススメポイント
複数店舗の売上管理が可能。プログラムの無料アップデートによって追加機能を利用することができる。勤怠管理や顧客管理機能も含まれる。
 

5位/Order4U(POS4U)

o4uの画像

Order4U(POS4U)の詳細はこちら

使用しやすさ しかくiPhone、iPod touch、iPad対応
操作端末にiPhone、iPod touch、iPadを使えるので操作性は良好。
導入・運用サポートがあり、導入時は研修も含めてお任せできる。
導入費用 しかく約84万円
POS連携パック(4種の機器)の導入費用が84万円程度。システム一式2週間無料レンタルのトライアルキットあり(保証金10万円~)。
評価評価評価評価 評価評価評価評価
セキュリティ しかくデータは店内サーバに蓄積
店内にPCを設置してサーバとしてデータを蓄積、機器間の通信は暗号化される。
導入実績 しかく導入店舗数:不明
公式サイトに多数の導入事例あり。
評価評価評価評価 評価評価
オススメポイント
Order4UというオーダーエントリーシステムにPOSレジを連携させたパックを提供。POS連携パックなら本部システムとの連携もオプションで対応。
 

オーダーエントリーシステムでポスキューブをイチ押しする理由

ポスキューブの画像2当サイトではオーダーエントリーシステムの中でもポスキューブを一番におすすめします。

ポスキューブには、料金だけでなく、多くの店舗で使われる理由がある、魅力的なポイントが数多くあるからです。

これもあって800店ほどに採用され、特に飲食店向けシステムではトップの導入実績を誇っています。

注目すべき多くのポイントのなかでも、主要の4つの理由を以下にあげました。

1.飲食店オーナーと共同開発をしたシステムだから使い勝手がいい

ポスキューブは開発段階で多店舗展開する飲食店オーナーも携わっていて、本当に必要な機能を網羅しつつ、操作の簡易性を突き詰めた専用設計に仕上がっています。その使いやすさから、グッドデザイン賞にも選ばれています。

シンプルな操作性の画像しかくシンプルな操作性
レストランでメニューを選ぶ感覚で商品選択ができるほど、操作性がシンプルで直観的。そのため「新人でもすぐに使える!」という声もあり、実際新人教育のコストも時間も削減できた例もあります。

しかく多種多様な支払い形態や計算式に対応
先払い後会計デシャップといった支払い方法、割引や消費税・サービス料などの計算式、そして楽天スマートペイなどのカード決済アプリとの連携機能もあり、会計機能が充実しているのも実践向き。
POSシステムだと普及率や利用頻度の高い機能や方式には対応していても、こうした細かな対応はあまり得意ではないため、この点はポスキューブの優位性ともいえます。

しかく飲食店向けの細やかな独自機能

ポスキューブの画像4小さなしかくファイヤー機能
ファイヤー機能は注文された料理の火入れタイミングを知らせてくれる機能。オーダーエントリーシステムで厨房でもオーダーを把握することはできますが、パーティーやウェディングプランなどのコース料理を提供する場合、予め決まったメニューをタイミングよく提供するのがポイント。
それを知らせてくれるのがファイヤー機能で、顧客満足度アップに役立つ機能です。

小さなしかく英語対応
アプリが日本語と英語とに対応しているのもポスキューブの優位点。外国人スタッフがいる飲食店なら、ぜひとも利用したい機能です。

小さなしかく本部機能
受注発注システムと連携する本部機能をタブレットタイプで採用したのはポスキューブが初。売上・仕入だけでなくスタッフの勤怠管理もできますし、飲食業界で普及しているASP本部システムのフーディングジャーナルや情報交換サイトのフードリンクにも対応しているのです。

2.ウェブアプリだからiOSでもAndroidでも気軽に利用可能

スマホの画像ポスキューブはブラウザが動作する端末であればiOSでもAndroid端末でも利用できるオーダーエントリーシステムです。

市販のタブレットやスマートフォンを使うシステムでも、アプリの場合だと利用する端末のOSが限定されてしまうことがあり、手持ちのものでは使えないケースもあります。

Apple製品ならばお洒落なイメージがあるため、スペースが限られたお店や、雰囲気にこだわりを持っているお店にはピッタリです。

また、Android機器なら市場価格では一般的にApple製品よりも安価。コスト削減にこだわるなら、こうした点も見逃せません。

3.導入時のわずらわしさを排除したプランとシステム

ポスキューブの画像5しかく導入にマッチしたオールインワンのプランが魅力

ポスキューブはレジ1台+ハンディ端末3台+プリンタ2台をセットにしたオールインワンのプランを用意。
システムによってはアプリだけを提供して、機器類は店舗側で用意するものもあるため、手間がかかりません。

料金も公式サイトで公表しているため導入費用が明瞭です。
店舗規模によって端末追加をする場合、機器代金はかかりますがシステム利用料は変わらないのも店舗の現場にマッチした料金体系といえます。

しかくPOSとオーダーエントリーシステムが一体化している

ポスキューブの画像5ポスキューブはPOSとオーダーエントリーシステムの両方が一体化されたシステムでシームレスな運用が可能
手軽に導入できるPOSレジシステムの中には、オーダーエントリーシステムがオプション扱いになっていて、連携はできても業務の中で同期させないとならないものもあります。

また、ポスキューブはデータが常に同期されているので、ちょっとしたストレスもなく、より業務の効率化に貢献してくれるでしょう。


 

▼ポスキューブの公式サイトはこちら▼

 http://www.pos-cube.com/ 

体感!おすすめオーダーエントリーシステムの事例調査

あなたのお店に最適なオーダーエントリーシステム・POSはどれ?

オーダーエントリーシステムで効率があがるポイント