今よりもっと快適に!オーダーエントリーシステムおすすめガイド

使いやすくて安価で導入実績が豊富なオーダーエントリーシステムの見つけ方

第一位

ポスキューブ

ポスキューブロゴ

飲食店オーナーが開発に関わった製品。約800店舗に「お店に最適」と採用され、システム導入実績No.1!本部機能ファイヤー機能など機能豊富。

詳細はこちら

第二位

EC-Orange POS

ecorangeposロゴ

iPod touch、iPadのほかにWin8タブレット対応のEC-Orange POS。Orange Handyと組み合わせるとオーダーエントリーシステムとして利用可能。

詳細はこちら

第三位

スマレジ

スマレジロゴ

飲食店に合ったシステムにもなるスマレジ。業種やその店舗に合わせることが出来る料金プランが多彩に揃っています。レンタルプランもあり。

詳細はこちら

HOME » オーダーエントリーシステムで効率があがるポイント » そもそも、オーダーエントリーシステムとは?

そもそも、オーダーエントリーシステムとは?

このページでは飲食店の販売管理で利用されているオーダーエントリーシステムやposとはどんなものか?二つのそれぞれの特徴や違いなどを紹介します。

基礎から学ぶオーダーエントリーシステムとは?POSシステムとは?

飲食店の販売管理で利用されているPOSシステムとはどんなものか?オーダーエントリーシステムとの違いや特徴などを紹介飲食店に限らず多くの店舗で導入されているオーダーエントリーシステム、POSシステム。
オーダーエントリーシステム(OES)とは、お客様の注文入力をすると、注文(オーダー)したメニューや、数をキッチンに伝達するシステムのこと。

また、POSとはpoint of saleの略で販売情報の管理システムを意味します。
その中心となるのがPOSレジ。
レジスターはWindowsやLinuxなどをベースにしたOSで動作するコンピュータで、データベースと連動しています。

POSシステムと呼ばれているものは、一般的にPOSレジオフィスサーバ、そして注文や在庫管理で使うポータブルデータターミナルの3つで基本構成がなされています。
こうしたシステムは開発メーカーごとに専用化されていて、飲食店でも広く普及してきましたが、ハードウェア・ソフトウェアとも高価になりがち。
そこで近年注目されているのが端末として市販のタブレットやスマートフォンを利用したオーダーエントリーシステムです。

オーダーエントリーシステムとPOSシステムの連携

タブレットやスマートフォンを端末利用するオーダーエントリーシステムは、従来のPOSシステムに置き換わるものともいえますが、POSシステムとの連携も可能。
POSレジを活かして、スタッフや客席用端末を専用機からタブレットやスマートフォンに変えて利用できるシステムもあれば、POSレジ替わりにタブレットを利用できるシステムもあります。
機器類を市販品に替えれば故障時の買い替えも安価に済みますし、ソフトウェアのアップデート安価もしくは無料対応しているサービスが珍しくありません。
POSを使いながらもコスト削減できるという点で最新のオーダーエントリーシステムが注目されているのは、こうしたシステム的な柔軟性があるからです。
また、客席端末にタブレットなどを採用して、来店客自身が注文情報を入力するシステムをセルフオーダーシステムと呼びます。
こうすることでホールスタッフの業務を軽減しつつ、オーダーミスや漏れを減らして、メニュー提供までの時間を短縮することもできるといったメリットが得られます。

 

体感!おすすめオーダーエントリーシステムの事例調査

あなたのお店に最適なオーダーエントリーシステム・POSはどれ?

オーダーエントリーシステムで効率があがるポイント